三木半

京料理・料理長

食のこだわり

京都は東に琵琶湖、北に若狭、西に瀬戸内という地にあり、 また、山の幸や畑の幸に恵まれている京都、 四季を通じて豊かな食材が揃います。

三木半旅館では旬の食材を吟味に吟味を重ねてご提供いたします。 京に集う四季折々の味覚を存分にご堪能くださいませ。

素材へのこだわり
夏の味覚 夏の味覚

~鱧~
鱧はその昔輸送技術が発達していなかった頃、 海まで程遠い京都では 「生きたまま輸送できた、生命力の非常に強い魚」として重宝され、 京都では鱧を食べる文化・技術が発達しました。
夏が旬の鱧、ちょうど祇園祭の時期の味覚となることから、 祇園祭を『鱧祭』と呼ぶほどに、鱧は夏の味覚の代表となりました。

三木半旅館では瀬戸内に揚がる良質の活鱧を使い、 熟練料理長による「骨切り」による丁寧な下ごしらえののち、 さまざまな京料理に仕上げます。

『鱧料理はお鍋でも楽しめます』

京の旦那衆の粋な夏鍋として好まれる『鱧しゃぶ』。


『会席のお献立で鱧を存分に』

お造りには氷鉢に盛られた、ふっくらとした『鱧おとし』。 滋味深い美味出汁に白い牡丹を一輪落したような『鱧の椀物』。 そのほか鱧を使った京料理の品々を献立に揃えました。 夏の京都でしか味わえない味覚をどうぞお召し上がりください。

鱧料理を会席で楽しめる宿泊プランはこちら>>

鱧おとし
鱧しゃぶはタイミングが命

料理長が作る、豊かな味わいの特製出汁に 新鮮で脂の乗った活鱧をさっとくぐらせて、 ちょうど良い頃合いに引き上げる。 白く花咲く鱧の身は、 出汁でほど良く旨味を乗せたところをお召し上がりください。

鱧しゃぶが楽しめる宿泊プランはこちら>>



鱧しゃぶ

京都は古くから『精進料理』の文化などとともに、 味わい深い野菜が育てられてきました。 また、土壌も栄養豊かなため、 京都の地独自の野菜が四季を通じて育ちます。

夏の京野菜といえば『伏見唐辛子』や『加茂茄子』。 江戸時代に名づけられた『伏見唐辛子』は、 辛さ控えめで甘味と風味がすばらしい唐辛子、 加茂川上流で古くから栽培される『加茂茄子』は、 ほかの茄子では味わえない風味と弾力が楽しめます。

京野菜が楽しめる宿泊プランはこちら>>

京野菜
  • 京野菜1
  • 京野菜2
小笹料理長より一言 京料理について

八月は残暑の厳しい季節ですので、涼しさをあらわすために器には透明感をだし、見た目に爽やかさを感じて頂ければと苦心しました。
今月のテーマは「五山送り火」。送り火は明るいテーマではありませんが、風物詩として美しいイメージを出せたらと思い、料理の流れに工夫し、常に持ち味を生かした最高の料理を心掛けています。

三木半旅館料理長 小笹貴夫
昭和50年高校卒業と同時に京料理の世界に入る。料亭、料理旅館、ホテルでの修行ののち平成10年より三木半旅館料理長として従事する。平成20年日本調理師会会長表彰。同年厚生大臣調理業務功労賞を受賞。平成23年京都府優秀技能者「京の名工」。現在日本調理師会京都支部副会長を務める。また「庖勝一條流式庖丁」の世界に入り、庖丁人として師範を任される。小学校、中学校、地域のイベントなど食育の現場で講師としても活躍しています。

庖勝一條流式庖丁 平安時代より受け継がれる伝統芸能


家元・庖勝兼道(富田勝雄)高台寺「京とみ」店主
 ・日本調理師会京都支部会長・国の現代の名工

定例奉納行事
5月13日 得浄明院(東山区) 春の特別公開
10月16日 岡崎神社(左京区) 氏子大祭
小笹料理長

お料理メニュー

今月のお献立

五山の送り火  二〇一七年八月

食前酒
香酒
先 附
鱧滝川豆腐
八 寸
玉蜀黍豆腐 ほほずき小芋
夏野菜ゼリー寄せ
穴子青菜巻  味噌松風
手長海老艶煮 甘子南蛮漬
凌 ぎ
鱧源平寿司
向 附
~氷鉢盛
 鯛 鱧おとし
 絹太鮪 才巻海老
蓋 物
鱧茄子
 早松 のし海老 花麩
 白瓜 松葉柚子
焼 物
活鮎汐焼 ~蓼酢
鰻八幡巻 ずんだ麩田楽
小 鍋
鱧鍋
油 物
鱧信州東寺揚げ 蓮根煎餅
葛花火 アスパラ 沢蟹
酢の物
牛ロース冷しゃぶ
止 椀
~清汁仕立
 太刀魚茶巾糝薯 冬瓜
 万願寺 なめ茸 木の芽
水菓子
桃ゼリー寄せ
甘納豆 トマト

仕入れの都合により、 献立を変更させていただくこともございます。


ページトップ

ご予約・お問い合わせ

E-mail:
TEL:075-221-5189
FAX:075-241-3382
  • 宿泊プランはこちら
  • 宴会プランはこちら
  • 新着情報
  • 観光スポット
  • 周辺案内
  • お土産
  • 旅館シャトルバスのご案内
  • JR京都駅キャリーサービス

ざ京都

旅色に紹介されました