三木半

京料理・料理長

食のこだわり

京都は東に琵琶湖、北に若狭、西に瀬戸内という地にあり、 また、山の幸や畑の幸に恵まれている京都、 四季を通じて豊かな食材が揃います。

三木半旅館では旬の食材を吟味に吟味を重ねてご提供いたします。 京に集う四季折々の味覚を存分にご堪能くださいませ。

素材へのこだわり
秋の味覚 秋の味覚

~松茸~
松茸は生長にともなって若い時期のものから、『ころ』、『椀』、そして『開き』と、この様に呼ばれています。頭の小さいころは歯ごたえがいいので、「土瓶蒸し」などに最適です。当館では丹波などから市場に集う松茸の中から厳選して仕入れ、薫り高い土瓶蒸しに仕上げます。また、シャキシャキとした独特の歯ごたえも松茸の大きな魅力です。この時季しか味わえない、豊かな自然の秋の香りをお楽しみください。

京都は古くから『精進料理』の文化などとともに、 味わい深い野菜が育てられてきました。 また、土壌も栄養豊かなため、 京都の地独自の野菜が四季を通じて育ちます。

これからの時季、京野菜は夏の旬の青野菜から、 葉物〜土物まで幅広く京野菜を楽しめる季節になります。 また、山のめぐみの代表格「栗」も丹波より届き、 いよいよ秋らしい京野菜が出揃う季節です。 土の旨味をたっぷりと蓄えた、 力強い味わいの秋の京野菜を会席のお料理にてお楽しみください。

京野菜が楽しめる宿泊プランはこちら>>

京野菜
  • 京野菜1
小笹料理長より一言 京料理について

「秋の宴」
残暑きびしかった今夏でしたが、コスモスの花の便りが届くようになりました。
実りの秋「収穫祭」。この季節は、海の幸、田畑の幸、山の幸、魚の脂ものり材料も豊に恵まれ、お客様も爽気に誘われ、食欲も旺盛に召し上がってもらえ、大変作り甲斐があります。吟味した秋の懐石料理を是非ご賞味ください。

三木半旅館料理長 小笹貴夫
昭和50年高校卒業と同時に京料理の世界に入る。料亭、料理旅館、ホテルでの修行ののち平成10年より三木半旅館料理長として従事する。平成20年日本調理師会会長表彰。同年厚生大臣調理業務功労賞を受賞。平成23年京都府優秀技能者「京の名工」。現在日本調理師会京都支部副会長を務める。また「庖勝一條流式庖丁」の世界に入り、庖丁人として師範を任される。小学校、中学校、地域のイベントなど食育の現場で講師としても活躍しています。

庖勝一條流式庖丁 平安時代より受け継がれる伝統芸能


家元・庖勝兼道(富田勝雄)高台寺「京とみ」店主
 ・日本調理師会京都支部会長・国の現代の名工

定例奉納行事
5月13日 得浄明院(東山区) 春の特別公開
10月16日 岡崎神社(左京区) 氏子大祭
小笹料理長

お料理メニュー

今月のお献立

秋の宴  二〇一七年十月

食前酒
香酒
先 附
秋味三昧
・荏胡麻豆腐
・帆立雲丹和え
・開きなめこみぞれ和え
八 寸
(猪口)ほや羽二重蒸し
子持鮎姿煮 柿玉子 零余子石垣寄せ 焼栗
サーモン巻 博多干し柿串刺し 黒枝豆
凌 ぎ
鯖小袖寿司 江戸生姜
先吸物
松茸土瓶蒸し すだち
向 附
鯛 中とろ 太刀魚 北寄貝 あしらい
蓋 物
穴子湯葉糝薯
 赤蒟蒻 舞茸 三度豆 松葉柚子
焼 物
鯧献珍焼
 鮑茸塩焼 秋味松葉刺し 葉地神
小 鍋
鯛蕪
 菊小蕪 水菜 松茸
油 物
海老芋月冠香り揚げ
 野菜かき揚げ 松笠烏賊白扇揚げ
 あわ麩串揚げ 青唐 天つゆ おろし
強 肴
河豚焼霜サラダ
 柚ドレッシング
明太子茶漬け
水菓子
梨ゼリー寄せ
 かんぴょう 塩トマト ミント

仕入れの都合により、 献立を変更させていただくこともございます。


ページトップ

ご予約・お問い合わせ

E-mail:
TEL:075-221-5189
FAX:075-241-3382
  • 宿泊プランはこちら
  • 宴会プランはこちら
  • 新着情報
  • 観光スポット
  • 周辺案内
  • お土産
  • 旅館シャトルバスのご案内
  • JR京都駅キャリーサービス

ざ京都

旅色に紹介されました